入試情報

【大学入試改革】 平成33年度(令和3年度)大学入学者選抜実施要領の見直しに係る予告(抜粋)

2019-10-04

(高校2年生、1年生への情報提供)

 

平成33年(令和3年)度大学入学者選抜実施要項の見直しに係る予告(抜粋)

 

1. 趣 旨

○ 入学者選抜において、卒業認定・学位授与の方針、教育課程編成・実施の方針を踏まえた入学者受入れの方針に基づき、 「学力の3要素」 (「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」)を多面的・総合的に評価

 

○ 大学入学者選抜実施要項(以下「実施要項」)の「一般入試」 「AO入試」 「推薦入試」の在り方を見直し、新たなルールを構築

 

○ 高等学校教育への影響等を考慮する観点から、出願時期、実施時期、合格発表時期について、基準を設定

 

○ 入試区分については、次のように変更する。    (名称の変更)

   ・「一般入試」  <変更前> ⇒ 「一般選抜」 <変更後>

  ・「AO入試」  <変更前> ⇒ 「総合型選抜」 <変更後>

  ・「推薦入試」  <変更前> ⇒ 「学校推薦型選抜」 <変更後>

 

2. 内容面及び実施時期等    

・「一般選抜」  (現 一般) 

①筆記試験に加え、

調査書や

志願者本人が記載する資料等

(エッセイ、面接、ディベート、集団討論、プレゼンテーションなど)

②記述式問題の充実

 

・「総合型選抜」 (現 AO)           出願:9月以降、合格発表:11月以降

①調査書等の出願書類だけでなく、

小論文、プレゼンテーション、口頭試問、実技、テスト、資格・検定試験の成績など

②活動報告書、大学入学希望理由書、学修計画書等

 

・「学校推薦型選抜」 (現 推薦)       出願:11月以降、合格発表:12月以降

①調査書・推薦書等の出願書類だけではなく

小論文、プレゼンテーション、口頭試問、実技、テスト、資格・検定試験の成績など

②推薦書に、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を記載 

 

 

※第一幼児教育短期大学も、本年度、「令和3年度大学入学者選抜実施要項」について検討します。

 検討結果(選抜要項)が決まり次第、ホームページ及び進学ガイダンス等でお知らせします。

 

(参考)http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/11/06/1397731_03.pdf